食事制限は程よく!運動しないダイエット方法

運動しないダイエットとして思いつくことは、食事の量に気をつける事です。
人は誰でも生きているだけでカロリーを消費し、持っているエネルギーを消費しながら生活しています。
なぜ体重や、脂肪が増えていくのかを考えると、生活上必要以上のカロリーやエネルギーを摂取する事で、あまったそれらのものが体内に蓄積され、増えていってしまう事から、
体重や脂肪となり、肥満につながっていくのではないでしょうか。必要以上のカロリーを摂取しなければ体重や脂肪は減る一方なのです。
2. 運動しないダイエット方法のメリットは?
食事制限をするということなので、ダイエットするための特別な時間をとる必要がありません。
人は誰でも食事をします。これは老若男女、健康な人も身体の弱い人も全ての人が何らかの方法で必ず外部からエネルギーを摂取しています。
この作業に注目し、必ず行う行為をそのままダイエットという目的に転換できるのです。
運動を主とするダイエットでは、カロリー消費のために、ジョギングやウォーキングに出かける事や、ジムに通うという普段とは異なる行為を意図的に行わなければいけませんが、食事制限を行うということは、普段の生活の延長上で行えるということです。
3. 運動しないダイエットのデメリットは?
食事制限をすると、食事をしても必ず満腹感にまで到達しません。
満腹になるまで食事をしてしまうと、カロリーや量的にオーバーしてしまうからです。
常に食事の量に気を使い、ある程度の空腹を常に感じながら日常生活を行うことは、ストレスにもつながります。
少しでもそのストレスを軽減させるために、食べてはいけないものは作らず、好きなものは食べるようにします。
ただし、食べすぎは厳禁です。腹八分目と聞きますが、八分目まで食べてしまうと多いので、六分目程度に我慢するという努力は必要です。
4. 運動しないダイエットについて思う事を自由に書いてください
いくら食事を制限するといっても、全く食事をしないのは避けるべきです。
人間は生活する上で、必ずカロリーを消費しながら生命活動を維持しています。
外部からのカロリー摂取をやめてしまうと、この生命の維持活動に支障が出ます。いくら痩せて、ダイエットに成功しても、生命の維持が出来なくては本末転倒です。
健康的にかつ自然と痩せるには、必要以上のカロリー摂取を行わないこと。毎日体重管理をし、自分に必要な食事量を見つけ、それを上回る量の食事を摂取しない事が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です